血液検査・検査項目の見方と基準値


WBC 白血球数



白血球は

外部から体内に侵入してきた細菌やウイルス、異物などを取り込んで破壊したり、免疫の抗体を作って細菌、ウイルス、がん際同を殺したりする働きがあります。
白血球には好中球、単球、好酸球、好塩基球、リンパ球の5つの種類があります。(血液像(HGM)参照

血液中の白血球数は、ほぼ一定に保たれていますが、体内に病原菌などが侵入すれば、骨髄で盛んに作られて病原菌を攻撃し撃退します。したがって、白血球数の増加は体内に病原菌などが侵入していることを示します。

白血球は骨髄で作られ、寿命を迎えた白血球は脾臓で破壊されるので、骨髄と脾臓の機能のチェックをする際にもWBC検査は重要な検査となります。

白血球数が増加している場合は、細菌などの感染症が考えられます。重大な疾患としては白血病が考えられます。リンパ球が増える白血病をリンパ性白血病、それ以外が増える場合を骨髄性白血病と言います。

白血球数が減少する場合は、ある種のウイルス感染や自己免疫疾患が考えられます。体の抵抗力が衰えて感染症にかかりやすいので、思わぬ合併症を発症するリスクが高まります。1000個以下に減少すると無菌室に入ることもあります。

基準値

4000~9000個/μl

血液検査の基準値は実施する施設や検査方法などによって異なります。

一回だけの検査数値でなく過去の検査数値との比較が大切です。

疑われる病気

高値 細菌感染による炎症(扁桃炎、肺炎、胆嚢炎、腎盂炎、虫垂炎)、慢性骨髄性白血病、敗血症、がんなど

低値 悪性貧血、再生不良性貧血、肝硬変、急性白血病、薬剤障害、全身性エリテマトーデスなど


妊娠している女性は10000~12000程度の高値の白血球数を継続的に示すことがあります。また喫煙者も白血球数が多い傾向があります。ヘビースモカーの場合は約25~30%程度高くなります。


 検査項目

腎機能

尿酸代謝

電解質

血清鉄

筋肉関連酵素

炎症反応

血球算定検査