血液検査・検査項目の見方と基準値


UA 尿酸



尿酸は

プリン代謝の酸化最終生成物で、老廃物として尿といっしょに排泄されます。プリン体はDNAの合成に不可欠な物質です。

プリン体は代謝されて尿酸になりますが、血液中の尿酸が増えすぎて7mg/dlを越えた状態を高尿酸血症と呼びます。高尿酸血症は体内で尿酸の産生過剰の状態であるか、排泄機能の低下が原因です。

高尿酸血症の患者に何らかのきっかけが加わると痛風を発症します。尿酸は37℃で7mg/dl以上になると血液中に溶けていることができなくなります。特に体温が低い足部の関節に結晶化してたまります。

この尿酸結晶を白血球群の一種である好中球が攻撃し捕食活動を行います。好中球による尿酸結晶の捕食活動が激化すると、血管壁がダメージを受けて大きな炎症を起こし、周辺の神経組織をも刺激して激痛を感じます。この状態が痛風発作です。

尿酸値が高いことは関節の炎症を起こすだけではなく、痛風腎と言われ間質性腎炎、腎結石などの腎臓の機能障害を起こすことも知られています。
痛風患者は腎機能障害のほかに動脈硬化症、高血圧、脳血管障害、高脂血症なども合併しやすくなります。

基準値

3.0~7.0mg/dl

血液検査の基準値は実施する施設や検査方法などによって異なります。

一回だけの検査数値でなく過去の検査数値との比較が大切です。

疑われる病気

高値の場合
痛風、腎不全、腎障害、腎内尿酸結節、尿路結石、尿毒症など


高尿酸血症の人は食生活を中心に生活習慣の改善を

尿酸の元になるプリン体は細胞内のDNAなどの核酸に多く含まれているので、細胞数の多いもの、細胞分裂の盛んな組織にプリン体は多く存在します。

肉類、動物の内蔵、アジ、イワシ、海老、魚卵などを多く食べると尿酸を増やす原因になります。また、アルコールを摂取すると体内ではアルコールを分解することで乳酸を生じ、乳酸は尿酸の排出を抑制します。さらにアルコールはプリン体の一種であるアデニンの代謝を促し尿酸を増やします。

日常的に意識して水分を多めに取って、尿酸の排出を促しましょう。
体脂肪が多いと尿酸も多くなるので、運動などして肥満にも気をつけて下さい。


 検査項目

腎機能

尿酸代謝

電解質

血清鉄

筋肉関連酵素

炎症反応

血球算定検査