血液検査・検査項目の見方と基準値


RBC 赤血球数



赤血球は

肺から吸収された酸素を身体の各細胞に運び、細胞から排出された二酸化炭素を回収して肺に送る役割をしています。赤血球の寿命は約120日で、骨髄の造血幹細胞で作られ、寿命を迎えた赤血球は脾臓や肝臓で破壊されます。

赤血球数が異常に少なければ貧血、反対に異常に多ければ赤血球増加症(多血症)と判断されます。

貧血の場合は赤血球の酸素の運搬能力が低下しているので、組織、細胞に酸素が十分に供給できず、めまいやふらつき、運動困難、動悸、吐き気や顔面蒼白などの症状が出ます。

赤血球増加症で血液が濃くなりすぎると、血流がどろどろになり、血管に負担がかかったり、血栓の原因になり脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こす危険もあります。

赤血球増加症の原因は、主に造血幹細胞の異常増殖や造血量を調整するホルモンの分泌障害、精神的ストレスなどが考えられます。顔の紅潮やほてり、のぼせ、大量の発汗、心臓がどきどきするなどの自覚症状があります。

赤血球数の検査は、ヘモグロビン濃度やヘマトクリット値などの検査とあわせて、総合的に判断する必要があります。(ヘマトクリット値(Ht)参照

基準値

男性 410~550万個/μl

女性 380~480万個/μl

血液検査の基準値は実施する施設や検査方法などによって異なります。

一回だけの検査数値でなく過去の検査数値との比較が大切です。

疑われる病気

高値 多血症、脱水など

低値 鉄欠乏性貧血、再生不良性貧血、溶血性貧血、白血病など


貧血性疾患の大部分は食生活の乱れによる鉄分の摂取不足や一時的な出血による鉄欠乏性貧血で、鉄剤や鉄分・ビタミン補填のサプリメントによって改善されます。偏食や、無理なダイエットによっても鉄欠乏性貧血になります。

また、造血に必要なビタミンB12や葉酸が過度に不足すると異常に大きな赤血球が作られ、抹消器官に酸素を供給できなくなる巨赤芽球性貧血や脊髄の造血機能の異常による再生不良性貧血などがあります。

そのほかにも、細菌感染や抗体反応などによって赤血球が破壊される溶血性貧血などがあります。


 検査項目

腎機能

尿酸代謝

電解質

血清鉄

筋肉関連酵素

炎症反応

血球算定検査