血液検査・検査項目の見方と基準値


PLT 血小板数



血小板は

血液に含まれる細胞成分のひとつで、血管が損傷した時に集合して、出血を止める働きをしています。血液の凝固には、血小板以外に凝固因子と呼ばれるたんぱく質も関わっていて、血管の損傷などを引き金にフィブリンという凝固塊を作り止血します。

血小板は、骨髄の巨核球の細胞質がちぎれたもので、細胞質のみで構成されているので、核を持たず形も不定形です。血小板の寿命は3~10日で、寿命を迎えると脾臓で破壊されます。

血小板数が減少したり、機能が低下すると、出血が止まりにくくなり、青あざができやすくなったり、鼻血がでやすくなったりします。

血小板数が多くなりすぎると、血液が固まりやすくなるので、血栓が血管をふさぎ脳梗塞や心筋梗塞などの危険性が高くなります。

血小板数の異常な増減の陰には重い病気であることが多いので、専門病院の精密検査を受けることが大切です。

基準値

13~35万個/μl

血液検査の基準値は実施する施設や検査方法などによって異なります。

一回だけの検査数値でなく過去の検査数値との比較が大切です。

疑われる病気

高値 骨髄増殖性疾患(本態性血小板血症、慢性骨髄性白血病)、血栓症など

低値 血小板減少性紫斑症、急性白血病、再生不良性貧血、悪性貧血、肝硬変、バンチ症候群、全身エリテマトーデスなど


血小板数が5万から10万程度の場合は何らかの疾患で減少していると考えられるので、背景疾患を調べます。血小板数が5万以下になると出血傾向があり、皮膚の点状出血や紫斑などが出たりします。手術や出産も危険で、抜歯などでも血が止まらないことがあります。

2万以下になると出血傾向が激しく、脳出血や大量の消化管出血を起こす可能性があり、生命の危険もあります。

血小板数が40万から80万程度に増加した場合、出血や鉄欠乏性貧血が考えられます。感染症、慢性骨髄性白血病の可能性もあります。

80万以上になると、本態性血小板血症、慢性骨髄性白血病が考えられ、真性多血症、骨髄繊維症の可能性もあります。血小板数が100万以上になることは非常に珍しく脳血栓症の危険があります。


 検査項目

腎機能

尿酸代謝

電解質

血清鉄

筋肉関連酵素

炎症反応

血球算定検査