血液検査・検査項目の見方と基準値


NH3 アンモニア



アンモニアは

体内ではたんぱく質の代謝の過程で生成され、神経毒性を持っています。
そのため直接血液で運ぶのは危険なので、組織で生成されたアンモニアは毒性の低いグルタミンやアラニンに変換されて肝臓に運ばれ、肝臓に運ばれたグルタミンは尿素に変換され、腎臓より尿中に排泄されます。

したがって肝機能に障害があれば、血液中にアンモニアがたまり、高アンモニア血症になります。
アンモニアの測定は肝機能の指標となり、治療の効果判定にも利用されます。

肝臓の機能は予備能力が高く、通常はアンモニアの産生が増加しても高アンモニア血症をきたすことはほとんどありません。肝障害などにより血液中のアンモニアの濃度が上昇した場合は、劇症肝炎などの非常に高度の肝機能の低下が疑われます。

肝硬変や劇症肝炎などで、血液中に多くのアンモニアが残ると、意識障害を起こすことがあります。肝硬変や劇症肝炎の重要な合併症である肝性脳症を招くことがあります。

基準値

30~86μg/dl

血液検査の基準値は実施する施設や検査方法などによって異なります。

一回だけの検査数値でなく過去の検査数値との比較が大切です。

疑われる病気

高値の場合
肝硬変末期、劇症肝炎、門脈大循環吻合など


アンモニアは主に、腸管内や腎臓、骨格筋、脳で産生されますが、腸管内で最も多くのアンモニアが産生されています。食事のたんぱく質が小腸粘膜や大腸内細菌によって分解されてアンモニアが産生されているのです。

アンモニア産生は筋肉運動、たんぱく質の摂取により増加し、また、腸内にビフィズス菌や乳酸菌が多いと、アンモニア濃度は低下します。


 検査項目

腎機能

尿酸代謝

電解質

血清鉄

筋肉関連酵素

炎症反応

血球算定検査