生活習慣病雑記


糖尿病のメカニズム



インスリンは血糖値を下げる唯一のホルモンで、糖尿病はインスリンの作用不足によって引き起こされています。糖尿病の原因としてはインスリンが効きにくくなるインスリン抵抗性とすい臓からのインスリンの分泌不足のふたつの要因があります。

日本人を含めたアジア人は氷河期などの飢餓を乗り越えてきた結果、少ない食べ物を効率よく脂肪として貯えることができる「倹約遺伝子」を獲得することができたのです。しかし。この倹約遺伝子が飽食の時代を迎えた現在では健康にとって有害に働いているのです。

日本人やアジア人は食べたものを脂肪として貯めやすく、過食の積み重ねがすぐに内臓脂肪の蓄積を招き、肥満につながります。内臓脂肪の蓄積によって脂肪細胞が肥大化すると、悪玉サイトカインの分泌が増加し、善玉アディポネクチンの分泌が減少してインスリン抵抗性を起こすことになります。糖尿病だけでなく生活習慣病の多くはインスリン抵抗性が関与しているといわれています。

インスリン抵抗性によって細胞の糖の取り込み作用が弱まり血糖値が下がらないと、すい臓は糖の取り込みを促進しようとしてインスリンの分泌量を増やしますが、それでも血糖値の高い状態が続くと、やがてすい臓は疲弊して十分なインスリンの分泌ができなくなり糖尿病を発症します。

欧米人に比べるとアジア人のインスリン分泌能は半分といわれています。アジア人は炭水化物などの糖質の多い食事を中心にしているためにインスリンをあまり必要とせず、欧米人は脂質の多い食事によってインスリン分泌能が増大したと考えられています。

そのため、アジア人は欧米人と比べるとインスリンの分泌不足による糖尿病になりやすいと言えます。欧米ではベッドから起き上がれない程の肥満がよく見られますが、アジア人ではそれほどの肥満になる前に糖尿病を発症して太れなくなってしまいます。

内臓脂肪の蓄積はインスリン抵抗性を引き起こし、糖尿病を発症しなくても高血糖、脂質異常、高血圧などの心血管にかかわるリスクを増大させます。また、血中の糖は血管のコラーゲンと糖化反応を起こし、微小血管障害の原因ともなっています。

アジア人のインスリンの分泌能が低い体質が糖尿病を引き起こしていることになりますが、直接の原因は内臓脂肪の蓄積による肥満です。内臓脂肪を減らす生活習慣が糖尿病の病態改善や予防になるのです。

関連記事