生活習慣病雑記


認知症も糖尿病の合併症?



糖尿病の合併症として、神経障害、腎症、網膜症の3大合併症はよく知られていますが、糖尿病はその他にも様々な合併症を引き起こします。

動脈硬化は血管壁に脂肪やコレステロールの塊が堆積したプラークが、血液の流れを悪くし、血管の柔軟性をなくします。血管のプラークが破れたり、はがれたりして心臓や脳の血管を塞いでしまうと、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。

糖尿病の人は健康な人と比べると脳卒中を引き起こす確率が3倍になると言われています。動脈硬化の原因には高血圧や脂質異常症、喫煙も関係していますので、血糖のコントロール以外にもコレステロールや塩分の摂りすぎにも注意が必要です。

糖尿病になると体の免疫力が低下します。感染症にもかかりやすくなり、重症化しやすくなります。インルエンザなどにも注意が必要です。

また、歯周病も歯周病菌の感染によって起こります。歯周病があると血糖のコントロールがうまくいかないこともあり、歯周病を治療することによって、血糖値が改善されることもあります。

近年では糖尿病の3大合併症の他に「認知症」もそのひとつとして注目され始めています。「アルツハイマー型」「脳血管型」のどちらの認知症も糖尿病患者の発症率は高くなっています。

糖尿病の期間が長く、動脈硬化、腎症が進んでいる人ほどリスクが高くなり、また、認知症があると糖尿病にもなりやすくなります。認知症になると自己管理が難しく、食事療法、運動療法に支障をきたすばかりでなく、薬を飲んだかどうかも確認できなくなると低血糖も起こしやすくなって危険な状態になります。

糖尿病の初期には自覚症状がほとんどないので、血糖が高めでもそのまま放置してしまいがちです。糖尿病は放置していると、自覚症状を現さなくても体内で確実に進行します。

自覚症状が現れたときには、神経障害、腎症、網膜症などの合併症がかなり進行しています。糖尿病の疑いが見つかった時には、早めに治療を開始して、血糖を良好に保つことで合併症の進行を防ぐことが出来ます。

関連記事