生活習慣病雑記


糖尿病の三大合併症のひとつ「糖尿病性網膜症」



糖尿病の三大合併症は神経障害、腎症の他に「糖尿病性網膜症」があります。糖尿病の患者の50%が発症するとも言われ、進展してしまうと治りにくく失明の危険もある恐ろしい合併症です。年間に約3000人の人が糖尿病性網膜症を原因として失明し、さらに増加傾向にあります。成人の失明原因の第一位で、糖尿病になってから放置していたら、気がついた時には手遅れになっていたというケースが多くあります。

眼球の奥にある薄い神経の膜を網膜と呼び、光や色を感じる神経細胞が敷き詰められています。血糖が高い状態が続くと、網膜に張り巡らされた無数の毛細血管が損傷を受けて、変形したり詰まったりします。血管が詰まって細胞に酸素が運ばれなくなると、酸欠状態の網膜は酸素を補うために新しい血管を作るホルモンを放出して「新生血管」を作ります。しかし、このようにして作られた新生血管は非常にもろくて出血しやすいために、逆に目の機能に障害を起こす原因となってしまいます。

糖尿病性網膜症は進行の程度を三段階に分けられます。

(1)単純糖尿病網膜症
この時期には自覚症状がほとんどありません。最初に現れる異常は、毛細血管の壁が盛り上がって瘤を作る血管瘤や小さな出血で、蛋白質や脂質が血管から漏れ出して網膜にしみを作ることもあります。

(2)前増殖糖尿病網膜症
網膜の毛細血管の閉塞が広範囲で起こり、網膜に送られる酸素が不足します。不足する酸素を供給するための新生血管を作る準備を始めます。霞み目などの自覚症状がみられることが多いのですが、全く症状の自覚がないこともあります。

(3)増殖糖尿病網膜症
すでに糖尿病網膜症の深刻な状態になります。硝子体は眼球の内部を占める透明な組織です。新生血管が作られ網膜や硝子体に向かって伸びていきますが、脆い新生血管が破れ硝子体に出血すると、視野に黒い影や小さなゴミのようなものが見えたりします。出血量が多いと急激な視力低下を起こしたり、増殖膜が網膜を引っ張り網膜はく離を起こすこともあり、失明にまで至ることもあります。

糖尿病性網膜症は糖尿病になってから数年から10年以上で発症するといわれています。糖尿病の人は定期的に眼科を受診して、眼底検査を受ける必要があります。

関連記事