生活習慣病雑記


糖尿病の三大合併症のひとつ「糖尿病性神経障害」



糖尿病の患者の約3分の1の方が何らかの神経障害を経験すると言われています。糖尿病性神経障害は糖尿病の三大合併症の中でも最も早い時期に現れます。血糖値が高い状態が続くと、血糖の濃度が高いドロドロの血液は流れにくいので、神経に栄養を運ぶ血管を詰まらせたり、損傷を与えます。

血流が悪くなると神経は必要な栄養がもらえなくなり、徐々に本来の機能を果たさなくなってしまいます。高血糖の状態が持続すると最初に末梢の神経から障害が見られるようになります。

末梢神経の障害は感覚神経から現れ、進行すると運動神経にも障害が現れます。痛みや温度を感じる感覚神経の異常には知覚異常があり、手や足の指先がチクチク、ジンジンしたり、痺れや痛みを感じたり、虫が這うような知覚の異常がみられるようになります。

さらに末梢神経の障害が進行すると、運動神経の障害を起こし、筋肉に力が入らない、顔面神経麻痺などの症状が現れます。

末梢神経障害が進むと、痛みを感じにくくなっているために、怪我や火傷をしても気づくのが遅れて、潰瘍や壊疽につながり、切断を迫られるなどの危険を招くこともあります。

自律神経の障害は様々な症状を起こす可能性があります。自律神経は心臓をはじめ胃、腸、膀胱などのすべての内臓、内分泌腺、汗腺、唾液腺などの腺、血管などの働きを調整する役目を持つ神経です。

胃の動きが悪くなるので、胃がもたれたり、消化に時間がかかるので高血糖の状態が長く続き、血糖のコントロールが難しくなったりします。

血圧の調整が不安定になると起立性低血圧による立ちくらみを起こしたり、腸の働きに障害が現れると便秘や下痢を繰り返すようになったりします。そのほかにも発汗障害で汗をたくさんかくようになったり、逆に汗が出なくなることもあります。

神経障害が重症化すると低血糖が起こっても動悸、発汗、震えなどの警告症状が現れないために昏睡になるまで気がつかなかったり、心筋梗塞が起こっても痛みに気がつかないでいて、重篤化したり手遅れになることもあります。

早い時期に血糖のコントロールをして正常な血糖値の状態を保てば、糖尿病性神経障害の症状を改善し、進行を防ぐことも出来ます。怪我をしても自覚出来ないので、自分で手足をよく観察して外傷や水虫の有無を確かめたり、コタツや風呂の温度に気をつけて火傷をしないように普段から心がける必要があります。

関連記事