生活習慣病雑記


1型・2型糖尿病



糖尿病は血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高い状態をさす病名です。血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準を越えていると糖尿病と診断されます。

健康な体ではさまざまなホルモンの働きによって血糖値は一定の範囲内に調整されています。しかし、この機能が障害をうけると血糖値が上昇し糖尿病になります。

糖尿病は1型糖尿病と2型糖尿病に分けられ、1型糖尿病はすい臓のβ細胞が何らかの理由で障害を受けたために起こる病気です。

すい臓のβ細胞は血糖値を下げる唯一のホルモンであるインスリンを分泌していますが、障害によりインスリンがまったく分泌されないか、わずかしか分泌されずに血糖値が上昇する糖尿病です。

2型糖尿病はおもに肥満などの原因によってインスリンの働きが悪くなるか、1型糖尿病とは別の理由でインスリンの分泌量が減少して血糖値の調整がうまくできずに糖尿病になったものです。

また、妊娠糖尿病などのように別のきっかけによって糖尿病を発症する場合もあります。

血糖が高まり、尿中に糖が排出されるので「糖尿病」と呼ばれますが、尿中に糖が排出されるのは、結果であって重要なのは血中の糖の濃度が高いことです。

1型糖尿病の場合は急激な高血糖や血液が酸性になって引き起こされる意識障害などで生命の危険を伴うこともあります。経口血糖降下薬などの飲み薬の効果がないので、必ずインスリンの注射薬を携帯し、自分で注射しなければなりません。

2型糖尿病は日本では糖尿病患者全体の9割を占めています。はっきりとした原因は明らかでありませんが、遺伝的な要素と生活習慣が関係していると言われています。

2型糖尿病は1型ほど血糖値が上昇することはあまりないのですが、自覚症状があまりないので長期間放置していると微小血管障害によって糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害などの合併症を引き起こします。

糖尿病性網膜症は微小血管障害から視力低下、変視症を招き最悪の場合は失明することもあります。

糖尿病性腎症から慢性腎不全になり人工透析を受ける患者数が増ています。腎不全で透析を始める患者の原因は糖尿病がトップで43%を占めています。

糖尿病性神経障害は高濃度の血液が毛細血管をスムーズに流れなくなり、末梢神経に栄養がいきわたらなくなるので機能を果たさなくなります。

その結果、手足の先で痛みや温度を感じにくくなります。足などに怪我をしても気がつかずに壊死を起こして、切断しなければならないこともあります。

これら糖尿病の3大合併症に加えて、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症、脳梗塞も糖尿病から引き起こされるリスクは高くなります。

一般に言われている糖尿病は2型糖尿病のことで、その四大原因は、加齢、遺伝、肥満、運動不足などと言われています。

加齢、遺伝は別として、肥満、運動不足を解消することで糖尿病を予防したり、症状の進行をおさえることができます。

糖尿病は治る病気ではありませんが、血糖値をコントロールできれば普通の生活ができます。

関連記事