生活習慣病雑記


本態性高血圧と二次性高血圧



「サイレントキラー」とも呼ばれる高血圧は、自覚症状がなく突然に脳卒中や心筋梗塞などの致命的な症状を現します。

健康診断などで初めて指摘されて、高血圧だと気がついた人も多いのではないでしょうか?

「血圧」は心臓から送り出された血液が動脈の血管壁を内側から押す力のことで、心臓が縮んで血液を押し出したときの圧力を収縮期血圧または最大血圧と言い、心臓が広がって血液の圧力が低くなったときの圧力を拡張期血圧または最小血圧と言います。

収縮期圧力が140以上または拡張期血圧が90以上で持続する状態を高血圧であると診断されます。

最近の研究では血圧が高いほど合併症のリスクが高くなるので、収縮期血圧(最大血圧)が120未満が血管にとって負担が少ないとされています。

高血圧は40歳代までは男性の方が圧倒的に多く、女性は女性ホルモンの減少による血管の老化などが影響して、50歳代から急激に増えはじめます。

高血圧は「本態性高血圧」と「二次性高血圧」に分けられます。

本態性高血圧の原因はひとつでなく遺伝的な要素にの他に加齢や肥満、生活習慣、ストレスなどが複雑に関係して発症します。この中でも生活習慣の影響は大きく、食べ過ぎ、塩分の摂り過ぎ、運動不足、過度の飲酒、喫煙などはどれもが高血圧になる原因です。

二次性高血圧は腎臓や副腎などの病気によるものなど、明らかな原因があって血圧が上昇している場合で、原因となる病気が完治すれば血圧も下降していきます。

高血圧患者の9割以上は本態性高血圧です。本態性高血圧は生活習慣と肥満が関係しています。高血圧を改善するためには生活習慣を改善し、肥満にならない生活を送ることです。

関連記事