生活習慣病雑記


血管年齢と動脈硬化



血管は年齢と共に硬くなっていきます。血管年齢は実際の年齢と比較してどのくらい高いのかを知ることで、脳卒中や心筋梗塞のリスクを減らすことができます。

日本人の死因の上位にある脳卒中や心筋梗塞の原因は動脈硬化であり、動脈硬化は血管年齢を上げる原因となっています。

動脈硬化は自覚症状がなく、脳卒中や心筋梗塞を起こして初めて気づくこともあります。

動脈は通常は柔軟性があり血液をスムーズに流して、全身のすみずみにまで酸素や栄養を運んでいます。しかし、血管年齢が高くなると、血管壁が硬くなり厚みを増して、血管が狭くなります。これが動脈硬化の状態です。

動脈硬化が起こり血管年齢が高くなると、血流が悪くなり、全身に酸素や栄養がうまくいきわたらなくなり、内蔵機能の低下や疲れやすいなどの老化の原因になります。

動脈硬化が進むと、血管が詰まったり、破れやすくなり、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす可能性が高くなります。

年齢にかかわらず、炭水化物や脂質を摂り過ぎれば血管は老化します。実年齢よりも血管年齢が高ければ動脈硬化が進んでいると考えて、血管年齢を下げる対策が必要になります。

よく言われる「血液サラサラ」とか「血液ドロドロ」は血管年齢にも関係しています。ドロドロの血液は血管の老化を早め、血管の老化は血液をドロドロになりやすくします。

血液ドロドロは血液中の血球の粘着性や凝集性が高くなり、毛細血管を通りにくくなるので、すみずみまで酸素や栄養を運ぶのが難しくなります。血液中のコレステロールなどの脂質やブドウ糖の濃度が高くても、血液の流れが悪くなるようです。

血液がドロドロになるのは普段の生活習慣が影響しているので、食事や運動などのライフスタイルを見直すことで改善することができます。

脂肪分の多い食事を控え、栄養バランスのよい食事を「腹八分目」で摂りましょう。EPAやDHAを多く含む青魚はコレステロールのバランスを整え、海草や野菜類で水溶性の食物繊維を摂ってサラサラの血液を目指しましょう。

血液中のコレステロールや脂質などを有酸素運動で減らします。毎日30分以上のウォーキングなどの運動習慣は血液サラサラには欠かせません。

血液サラサラは血管年齢を若返らせます。また血液サラサラのための生活習慣は、メタボリックシンドロームや生活習慣病を予防する生活習慣とまったく同じなのです。

関連記事