生活習慣病雑記


日本人の死亡原因の上位にある心疾患



狭心症、心筋梗塞で知られる虚血性心疾患は、心臓に血液を送る冠動脈が狭くなったり詰まったりして血流が阻害されて、心臓が酸欠状態になって障害が起こる病気です。

狭心症は一過性の冠動脈の異常で、胸の痛みや締め付けられるような症状は10分から15分で収まる事が多いのですが、運動時でなく、安静時に起こる場合は危険なことが多いので注意が必要です。

心筋梗塞は冠動脈が完全に塞がれたり、ほとんど血流がなくなるような状態で、心筋に酸素が供給されない状態が続くと心筋の壊死が起こります。

狭心症や心筋梗塞のおもな原因は動脈硬化で、動脈硬化は糖尿病、高血圧、高脂血症や喫煙、肥満、ストレスなどが原因として上げられます。

糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満などは生活習慣病とも言われ、生活習慣の改善、食事療法、運動療法で改善できることが多く、正しく管理すれば狭心症、心筋梗塞のリスクを減らすことができます。

喫煙は狭心症、心筋梗塞の大きな危険因子です。禁煙による予防効果は大きいです。

生活習慣病の多くは自覚症状が少なく、差し迫った危険を感じにくいため、知らないうちに深刻な状態になっていることがあります。

どれも動脈硬化を招く病気です。動脈硬化は狭心症、心筋梗塞を招き、命の危険にかかわることもあるので、定期的な血液検査、健康診断で予防や早期発見、また病気になってしまったら、進行しないようなケアをしましょう。

上手な自己管理で生活習慣病をコントロールすれば心疾患のリスクを大きく減らすことができます。

関連記事