生活習慣病雑記


アルコールによるすい臓病



アルコールの飲みすぎによる肝臓病はよく知られています。肝臓はアルコールの分解にかかわる臓器なので、アルコールの飲みすぎによるダメージを直接受けることになります。アルコールの飲みすぎによってすべての臓器が何らかのダメージを受けているのですが、すい臓への影響も見過ごせません。

アルコールの飲みすぎで肝臓を気にするのは良いのですが、すい臓のことも忘れないようにしましょう。肝臓とすい臓の炎症をいっしょに発症することはまれなので、肝臓が大丈夫でもすい臓もそうとは限りません。

すい臓病には急性すい炎と慢性すい炎があります。胆石や免疫疾患などからすい炎を起こすこともありますが、男性の場合はアルコールの飲みすぎによる急性すい炎が約半数で、慢性すい炎では約80%弱となっています。女性ではアルコールによるものは約4分の1で、半数は原因不明です。アルコールの飲みすぎが、必ずすい炎を発症させるわけではありませんが、アルコールの飲みすぎがすい炎の発症の原因に深くかかわっていることは確かなのです。

急性すい炎は繰り返していると慢性すい炎に進行します。慢性すい炎はすい臓の組織が破壊されて、元に戻らない状態なので、慢性すい炎になると進行を遅らせるための治療になります。

すい臓にはおもに二つの役目があります。外分泌機能と内分泌機能があり、外分泌機能はすい臓から腸に消化酵素を分泌して消化吸収を助けています。内分泌機能はすい臓から血管内にインスリンやグルカゴンなどのホルモンを分泌して血液中の血糖の調整をしています。慢性すい炎になるとインスリンなどのホルモンの分泌などに支障をきたして糖尿病を発症することもあります。

すい炎の原因として言われているのは、アルコール自体がすい臓の細胞を破壊する。外分泌機能によって腸内に送り出す消化酵素が、出口を塞がれてすい臓そのものを消化する。アルコールと脂質から作られる物質の働きが、消化酵素を活性化してすい臓自体を消化するなど、すい炎の原因として考えられていますが詳細は分かっていません。

アルコール性のすい炎の予防には適切な飲酒量を守ることです。日本酒なら1合、ビール中ビン1本まで、それに栄養バランスのよい食事を「腹八分目」にすることが大切です。

関連記事