生活習慣病雑記


糖化反応による老化



ブドウ糖、果糖などの糖とアミノ酸、ペプチド、たんぱく質などのアミノ化合物を加熱した時に、結合して褐色物資(メラノイジン)を生成する反応をメイラード反応といいます。メイラード反応は常温でも起こり、体内で起こるメイラード反応は、老化を促進させる体の糖化であることが、最近の研究で明らかになってきました。

たんぱく質や脂質と砂糖を調理する時、温度が高くなるとメイラード反応が起こり、茶色く変色します。パン、ケーキ、フライドポテトなどのきつね色がメイラード反応によって生成されたメラノイジンで、コゲなどによって起こる炭化とは異なります。

人の体内では消化吸収された血液中のブドウ糖、果糖、ガラクトースなどの単糖を用いた糖化反応が行われています。コラーゲンの糖化反応は老化と深い関わりがあり、変質したコラーゲンは肌の弾力やハリ、透明感を失わせ、シワやたるみ、くすみの原因になります。また、骨の重要な構成物質であるコラーゲンが変性すると骨の劣化につながります。

糖化によって生成された老廃物は目の水晶体に蓄積すると白内障の原因にもなり、血管に蓄積して動脈硬化を促進することになります。糖尿病患者に見られる白内障や血管組織の劣化は、血糖の高い状態が体内の糖化を促進していると考えられます。糖尿病の合併症である糖尿病性網膜症、腎症、神経障害も高血糖によって促進される糖化反応が関係しているのです。また、アルツハイマー病も脳の糖化反応によって起こるとも言われています。

果糖は価格が安く甘みが強いため食品に多く使われていますが、果糖はブドウ糖に比べて体内の糖化反応に約10倍使われやすいのです。身近にある食品の清涼飲料水、スポーツドリンク、ドレッシング、焼肉のたれなどにも果糖または果糖を多く含む異性化糖(ブドウ糖果糖液糖)などが幅広く使用されています。

アスパラギンとブドウ糖が反応する糖化では、アクリルアミドが生成されます。アクリルアミドは神経毒性や発がん性があると疑われている物質で、ポテトチップスやフライドポテトなどに多く含まれていると報告されています。通常の摂取量では健康上の問題はないとされていますが、アクリルアミドの摂取は「特に非喫煙者の女性において子宮内膜がんと卵巣がんの危険性を高める」「腎臓がんのリスクを高める」という研究報告もあり過剰摂取には注意が必要かもしれません。

糖化による老化を防ぐには適正なカロリー摂取と血糖値の急激な上昇を招かない食生活が有効です。繊維質を多く含む食品から先に食べると糖の吸収を穏やかにし、急激な血糖の上昇を防ぎます。果物は果糖を多く含んでいますが、繊維質も多いので先に食べるようにするといいでしょう。

しかし、果糖や異性化糖を多く含む食品の摂り過ぎは体の糖化を促進するので、これらの食品はできるだけ避けるように気をつけたいものです。また、抗糖化ケアには糖化反応によって過酸化水素などの活性酸素を発生するので抗酸化ケアも必要です。

関連記事