生活習慣病雑記


スカベンジャーと抗酸化食品



人の身体は酸素を取り入れてエネルギーを作り出している限り、活性酸素の発生は避ける事ができません。細菌やウイルスの退治に活性酸素が利用されているとはいえ、老化や生活習慣病などのさまざまな病気の原因ともなっています。しかし人の体内には活性酸素から身を守る機能も備わっています。

人の身体は活性酸素を還元し消去する酵素を産生することができます。これらの酵素はスカベンジャーと呼ばれ、主なスカベンジャーにはスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシターゼなどがあります。

SODは体内に発生する活性酸素で最も多いスーパーオキシドラジカルをより反応性の低い過酸化水素に還元する酵素です。過酸化水素はカタラーゼやグルタチオンペルオキシターゼなどの酵素によってさらに還元されます。

SODは寿命が短く体内で次々と産生されますが、老齢になると産生能力が低下します。筋肉を使うような運動でSODの活性が高められ、スーパーオキシドラジカルを除去する能力が高められます。また、他の動物と比べて人の寿命が長いのは、他の動物よりも人の身体のSODの活性が高いためと考えられています。

カタラーゼは過酸化水素を水と酸素に変える反応を触媒する酵素です。

グルタチオンペルオキシターゼは過酸化脂質や過酸化水素をアルコールや水に還元します。また、グルタチオンペルオキシターゼは活性酸素の中でも最も反応性の高いヒドロキシルラジカルを消去する働きがありますが、その時にビタミンB2を必要とします。ビタミンB2が不足すると過酸化脂質の増加をもたらすことになります。

これらのスカベンジャーが人の身体を活性酸素から守っていくれているのですが、現在の生活環境は大量の活性酸素を生み出しています。紫外線、化学薬品、放射線、排ガスなどや喫煙、飲酒、ストレス、過労などの生活習慣は活性酸素を増やす要因となって、身体に備わっているスカベンジャーの働きだけでは追いつかない状態です。そこで、スカベンジャーとしての働きをするビタミンや抗酸化食品を摂ることでその機能を補わなければなりません。

ビタミン類ではビタミンC、ビタミンE、βカロテンなどが代表的なスカベンジャーです。抗酸化物質とそれを含む食品には次のようなものがあります。

アントシアニン(ブルーベリー、イチゴ、プルーン、アサイー、ブドウ、紫キャベツ、黒ゴマ、小豆 )
ケルセチン(そば、リンゴ、お茶、タマネギ、ブドウ、ブロッコリー、モロヘイヤ、葉菜類、柑橘類など)
ルチン(そば、アスパラガス、オレンジ、グレープフルーツ、レモン、クワの実、トネリコの実)
カテキン(お茶)
イソフラボン(大豆などのマメ類)
カルコン(明日葉)
クロロゲン酸(コーヒー豆、ごぼう)
ロズマリン酸(シソ、ローズマリー)
ゴマリグナン(ゴマ)
クルクミン(ウコン)
タンニン(お茶、ワイン、柿)
スルフォラファン(ブロッコリー)
βカロチン(緑黄色野菜 、ほうれん草、春菊、こまつな、ワカメ)
リコピン(トマト、ニンジン、スイカ、パパイヤ)
カプサイシン(唐辛子)
アスタキサンチン(鮭、イクラ)
ルテイン(ケール、ほうれん草)
フコイダン(コンブ、ワカメ、モズク)
βグルカン(アガリクス、メシマコブ、霊芝)
ペクチン(グリンピース、リンゴ、レモン、みかん)

関連記事