生活習慣病雑記


活性酸素は様々な病気にかかわっている



人の身体は摂取した栄養分を酸素を使って燃焼させてエネルギーを作り出しています。その酸素の一部が反応性の高い活性酸素といわれる状態になると、細胞膜やDNAを傷つけ身体の老化の原因となります。

人の身体には活性酸素から身を守る防御システムがありますが、現在の私たちは大量の活性酸素を生み出す環境の中にいます。紫外線、農薬、食品添加物、放射線、喫煙、飲酒、ストレス、激しい運動なども活性酸素を増やす原因です。このような生活環境の中では、身体に備わった防御システムだけでは十分ではなく、様々な病気を引き起こす原因となっています。

がんの発症にも活性酸素が関わっています。がん細胞は正常細胞のDNAが傷ついて発生します。細胞内にはがん抑制遺伝子とDNAを修復するDNA修復遺伝子が存在して、DNAが傷ついても細胞のがん化を防ぐ仕組みがあります。しかし、過剰な活性酸素が存在するとがん抑制遺伝子やDNA修復遺伝子を傷つけて、がん細胞の増殖を止める働きを阻害してしまいます。

がんの原因には活性酸素以外にもたくさんの要因がありますが、活性酸素は重要な要因でもあります。

タバコは発ガン物質であるだけでなく、活性酸素を大量に発生させ、さらには抗酸化物質であるビタミンCまでも破壊してしまいます。

インスリンが不足して起こる糖尿病は、過剰な活性酸素がインスリンを分泌するすい臓のβ細胞を傷つけて、インスリンの生成を阻害すると考えられるようになりました。

白内障は紫外線の影響で目の水晶体で発生した活性酸素が水晶体のたんぱく質を酸化させて白く濁らせます。 アルツハイマー病にも活性酸素が関与しているといわれています。脳の酸素消費量はとても多く、酸化されやすい物質も多く存在するために活性酸素の影響を受けやすい状態にあります。

免疫機能を担う白血球は体内に侵入した病原菌などを殺すために活性酸素を発生して利用しています。関節炎や通風などの「自己免疫疾患」と呼ばれる病気では、白血球が活性酸素を大量に発生させて身体の組織を傷つけてしまうと考えられます。体内で起こる炎症は大量の活性酸素によって引き起こされているという考えが有力です。

関連記事