生活習慣病雑記


活性酸素は「老化」の原因?



酸素は動物の生命活動の維持に欠かせないものです。呼吸によって体内に取り入れられた酸素は、細胞内のミトコンドリアによって成長や生存のために必要なエネルギーの産生に使われます。しかしその過程で一部が「活性酸素」に変わってしまいます。

活性酸素は不安定で他の物質との反応性が高く、たんぱく質、脂質、核酸など結びついて、酸化して変性してしまいます。鉄と結びついて酸化すると「さび」になって、鉄を腐食してぼろぼろにしてしまう様に、活性酸素は人の体内でも同じような現象を起こし、体を「さび」させているのです。皮肉なことに生命に必要なエネルギーを産生することが生命を傷つけるような物質を作り出していることになるのです。

生活習慣病と言われている動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、がん、白内障なども活性酸素が影響していると考えられています。しみやシワなども活性酸素が原因で、人の体を老化させる最大の原因となっています。

しかし、その一方で白血球などの好中球やマクロファージが、体内に侵入した細菌やウイルスを捕食する時、白血球は活性酸素である過酸化水素を生成して、増殖しようとする細菌やウイルスを死滅させるというメカニズムがあるので、活性酸素の働きによって健康が保たれるという一面もあるのです。

また、人には活性酸素から自分自身の体を守るための防御機能が備わっています。代表的なものにSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)と呼ばれる酵素があります。しかしそれも、紫外線、農薬、放射線をはじめ、喫煙、飲酒、ストレス、激しい運動などの活性酸素を大量に増やす生活環境に囲まれているのでSODの働きが追いつかなくなっています。さらにSODは中年以降は機能が衰えてきます。

老化の原因となる活性酸素を抑える抗酸化作用のある食品としては、赤ワインなどで知られるポリフェノール類やビタミン類、カロチノイド類などがあります。また、「SOD様作用食品」などのサプリメントなどもあります。

関連記事