生活習慣病雑記


肥満と肥満症はどう違うのか?



肥満と肥満症の違いは、「肥満」は体型を表す言葉で、日本の基準ではBMIなどで表されます。
BMIは体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m)の計算式で求められ、BMIが25を越えると肥満とされます。
しかし、筋肉が多く体脂肪率が低くければ肥満とはいえません。肥満は体脂肪率が高い状態のことを言います。
BMIが35を越えると「高度肥満」とされ、診断や治療の対象とされます。

これに対して「肥満症」は肥満によって合併症を発症している、あるいは健康に問題を生じている状態を言います。
日本肥満学会の基準では二つの条件の内いずれかを満たしている場合を「肥満症」と診断されます。

ひとつはBMIが25以上に加えて腹囲が男性では85cm以上、女性は90cm以上で肥満の疑いがあり、腹部CTスキャンなどで内臓脂肪型肥満と診断されたものです。

もうひとつは肥満が原因か関与していて、減量が必要な合併症がある肥満です。肥満が起因、関与する合併症は下記の11項目が挙げられます。

1、耐糖能障害(2型糖尿病)
2、脂質異常症
3、高血圧
4、高尿酸血症(痛風)
5、脂肪肝
6、冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症)
7、脳梗塞
8、骨・関節疾患
9、睡眠時無呼吸症候群
10、月経異常
11、肥満関連腎臓病

2011年9月に日本肥満学会の「肥満症の診断基準」が改定されて11項目目の肥満関連腎臓病が追加されました。

肥満症では皮下脂肪が多い「皮下脂肪型肥満」よりも内臓脂肪が多い「内臓脂肪型肥満」を重視します。内蔵脂肪型肥満がこれら上記の疾患を招きやすい事が分かっています。内臓脂肪型肥満に高血糖、脂質異常、高血圧のうち2つ以上が重なるとメタボリックシンドロームと診断されます。メタボリックシンドロームは重篤な生活習慣病に陥る危険性を高めます。

日本人は欧米人に比べると軽度の肥満でも糖尿病、高血圧などの生活習慣病を発症しやすいことが分かっています。肥満を改善することが合併症の治療に有効であり、生活習慣病の予防にもなります。

関連記事