生活習慣病雑記


日本人の死因の上位にある悪性腫瘍(がん)



悪性腫瘍が発生する仕組みは、はっきりとは分かっていませんが、遺伝子に起きた何らかの変化、病変が関わっていると考えられています。

人の体を構成している60兆とも言われる細胞は、分裂・増殖とアポトーシスと呼ばれる「プログラムされた細胞死」を絶えず繰り返しています。細胞が老化、欠損した時にアポトーシスが起こり細胞を死滅させ、新しい細胞の成長と分裂が引き起こされます。

60兆個の細胞で構成される人の体の中では、遺伝子の病変は毎日数千個単位で発生していますが、健康な体の場合は体内に生じた遺伝子が病変した細胞を免疫や自然治癒力で排除することが出来ます。ところが特定の遺伝子に変異が生じた場合、必要でない細胞分裂を引き起こして増殖したり、死滅すべき細胞が死滅しなくなり、腫瘍細胞となります。

腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍があり、悪性腫瘍をがんと呼びます。良性腫瘍は悪性腫瘍(がん)に比べると増殖スピードは比較的遅く発生した場所のみで増殖します。通常は命に関わる腫瘍ではありません。しかし悪性腫瘍(がん)は他の組織に浸潤的に増殖したり、転移を起こす場合があり、多くの場合は浸潤と転移の両方を起こします。

悪性腫瘍(がん)は栄養を無制限に使って増殖するので、患者の体力を急速に消耗します。また臓器の正常な組織に置き換わったり、圧迫したりして臓器の機能を阻害し、機能不全に陥れます。異常な内分泌を起こし正常な生体機能を妨げたり、全身に転移して多くの臓器を機能不全に陥れるようになります。

がんを発生させる遺伝子の変異は、ウイルス、化学物質、放射線など様々な要因がありますが、生活習慣の中にもたくさんの要因があります。喫煙と飲酒はがんの発生率を高めます。肉の消費量と大腸がんの発生率には高い関連性があるのが明らかになっています。また長期間のストレスは血流と免疫力の低下を招き、がんになる確率が高くなります。

関連記事