生活習慣病雑記


メタボリックシンドロームの基準値



メタボリックシンドロームは動脈硬化の危険性を高め、虚血性心疾患、脳血管疾患、閉塞性動脈硬化症などの発症率を上昇させます。メタボリックシンドロームは日本語では内臓脂肪症候群と呼ばれ、内臓脂肪の蓄積が糖代謝異常症、脂質異常症、高血圧などの病態の発現に関与していると考えられています。

皮下脂肪も内臓脂肪も脂肪細胞に蓄えられますが、メタボリックシンドロームに関与するのは内臓脂肪で、内臓脂肪が多く蓄えられた肥満を内臓脂肪型肥満と言い、メタボリックシンドロームの診断基準になっています。

内臓脂肪型肥満は腹囲を診断基準として、男性85cm以上、女性90cm以上ですが、腹囲はあくまでも目安で、より正確な診断は腹部CT検査で男女ともに内臓脂肪面積が100cm2以上としています。この内臓脂肪型肥満に加えて脂質異常、高血圧、糖代謝異常の内の二つをあわせ持つとメタボリックシンドロームと診断されます。

診断基準値は
脂質異常は血液検査で中性脂肪が150mg/dl以上、善玉であるHDLコレステロールが40mg/dl未満のいずれか又は両方。
高血圧は収縮期血圧が130mmHg以上か拡張期血圧が85mmHg以上。
糖代謝異常は血液検査の空腹時血糖値が110mg/dl以上

とされています。メタボリックシンドロームは内臓脂肪型肥満のうえに、この内のふたつ以上に該当する場合です。

この内のひとつだけでも「予備軍」です。軽症でもいくつかの要素をあわせ持つと動脈硬化の危険性は高くなります。

中性脂肪は体内でエネルギーとして使われますが、過食や運動不足などで使われずに余分になった中性脂肪は内臓脂肪に蓄えられ内臓脂肪型肥満の原因になります。内臓脂肪は皮下脂肪と比べると溜まりやすい性質がありますが、運動などによって消費しやすい性質もあります。

したがってメタボリックシンドロームの原因である内臓脂肪型肥満は食生活と運動によって改善することができます。

関連記事