生活習慣病雑記


「みんなの家庭の医学」から、生活習慣病と歯周病との関係



「みんなの家庭の医学 コミコミクリニック」のサイトに生活習慣病と歯周病が関係するという興味深い記事があったのでご紹介します。

軽度のものを含めると日本人の約7割にあるという歯周病は、歯の周りの組織に炎症が起こる病気です。原因は細菌によるものですが、喫煙、ストレス、食生活などの生活習慣も関係しています。

さらに、口腔と全身との関連性が研究され、心臓循環器疾患、糖尿病、呼吸器疾患などにも歯周病が密接に関係しているいることが明らかにされてきました。

歯周病も生活習慣病のひとつですが、健康な人と比べて歯周病患者は心筋梗塞の発作を起こすリスクが高なります。

糖尿病患者は免疫力が低下しているので、細菌、ウイルスなどに感染しやすいので、歯周病にもかかりやすく、さらに治療しにくいと考えられています。

糖尿病患者は糖尿病でない人と比較すると、歯周病にかかる割合が2~3倍にもなります。さらに歯周病の炎症箇所からインスリンの作用を阻害する物質が作られるため、糖尿病になりやすく、病状の進行も早いと考えられています。

2型糖尿病患者では歯周病の適切な治療によって、過去1、2ヶ月の血糖値の平均を示すHbA1cが改善する可能性があるようです。

また、歯周病は総コレステロール、肥満とも関係があり、歯周病患者は血圧が高い傾向にあるようです。

歯周病予防で生活習慣病のリスクを少しでも減らすようにしましょう。歯周病は正しい歯磨きを継続することで予防できます

関連記事