生活習慣病雑記


増加するNASH(非アルコール性肝炎)



多量の飲酒習慣がないにもかかわらず脂肪肝(非アルコール性脂肪肝:NAFLD)を発症してしまう患者数が日本では推定で1000万人いると言われています。非アルコール性脂肪肝もアルコール性脂肪肝と同じように肝炎、肝硬変、肝がんへと進行することが明らかになり大きな問題となっています。

NAFLDが進行した非アルコール性肝炎(NASH)の患者は日本に200万人以上いると言われています。脂肪肝はカロリーの過剰摂取が原因で引き起こされます。カロリー過剰の食生活は内臓脂肪を溜め、内臓脂肪が溜まるとそこから脂肪が肝臓に送られます。肝臓は脂肪を燃焼しますが、次々と送られる脂肪が燃焼しきれずに肝臓に溜まって脂肪肝になるのです。

脂肪肝(NAFLD)がさらに進行すると肝臓の線維化が進み肝炎(NASH)になり、さらに肝硬変へと移行します。再生能力の高い肝臓は「沈黙の臓器」として知られています。自覚症状が現れるようになった時には、病状が悪化していることが多いため「沈黙の臓器」などと呼ばれるのです。早期発見と予防には定期的な血液検査による肝機能のチェックが大切です。

ウイルスやアルコールを原因としないで、脂肪肝から肝炎へと進行するメカニズムは生活習慣だけでないと考えられています。近年では腸内の細菌毒素が肝臓に侵入して炎症を起こすと考えられるようになってきました。

健康な場合は腸内から肝臓に侵入して来るごくわずかの細菌毒素に対しては無反応ですが、肥満状態では脂肪組織から多量に分泌されるレプチンというホルモンにより、通常は炎症を起こさない細菌毒素に過剰反応を起こして炎症を起こすことが報告されています。

内臓脂肪を原因とする非アルコール性肝炎は、中年女性に多く見られる病気です。女性はホルモンの関係で閉経前は皮下脂肪が付きやすく、閉経後は内臓脂肪が付きやすくなることが関係しています。

肥満の原因は食生活と運動不足からきているので、食生活と運動によって肥満も脂肪肝も改善することができます。脂肪肝は肝炎に移行してからでは、もとの健康な肝臓に戻すことはできません。肝炎になる前の発見と早めの治療が大切です。

関連記事