生活習慣病雑記


NHK「あさイチ」で取り上げられた40代女性の脂肪肝



2012年9月10日のNHK「あさイチ」で「女性が危ない!脂肪肝」と題して、40代以上の女性に増加している脂肪肝がテーマに放送されました。

男の病気とかアルコールの飲み過ぎのイメージがある肝臓の病気ですが、肝臓を守る働きのある女性ホルモンの分泌が減少する影響で脂肪肝を発症する例が増えているようです。番組内ではアルコールの多飲によらない「非アルコール性脂肪肝」について取り上げています。

脂肪肝は放置すれば肝炎になり、病態がさらに進行すると肝硬変や肝臓がんにもなりかねません。また、他の生活習慣病を招くこともあり、糖尿病の発症や鉱脈硬化の促進などの危険因子にもなります。

肝臓の病気は自覚症状が現れにくいので、病気が発見されたときには病状がかなり進行しているケースもあります。

番組内では脂肪肝の予防と、早期発見のためのチェックリストなどを紹介しています。生活習慣に関する10項目のチェックリストに5つ以上当てはまると脂肪肝の可能性が高いそうです。

自覚症状のほとんどない病気なのでこのチェックリストに5つ以上に当てはまるか、不安のある人は血液検査を受けることをおすすめします。

血液検査の結果の見方も紹介されています。注意して見るのはALTと中性脂肪の2つの項目です。

ALT(GPTとも言う)が20以上だと脂肪肝の可能性が高い

中性脂肪が150以上だと脂肪肝の予備軍と紹介されています。

「非アルコール性脂肪肝」はアルコール性の脂肪肝と同様に進行すると「肝炎」になり、さらに悪化すれば「肝硬変」「肝臓がん」にまで進行します。脂肪肝は糖尿病や動脈硬化など他の生活習慣病を招きやすく、脂肪肝がもとで発症した糖尿病や動脈硬化は進行が早いので注意が必要とも紹介されています。

番組内では糖質を摂り過ぎない食生活のポイントなども紹介されています。

関連記事