生活習慣病雑記


放置できない慢性腎炎



慢性腎炎は成人の腎障害では最も多く、血尿、蛋白尿、高血圧、むくみなどの症状が長期にわたって持続する病気です。

自覚症状が少ないので発見が遅れることもあり、健康診断などで血尿や蛋白尿が出ているので発見されることも多くあります。

急性腎炎は適切な治療を行えば早期に治癒できますが、慢性腎炎は非常に治りにくい病気です。

急性腎炎も治療がうまくいかずに、血尿や蛋白尿が1年以上も続くようならば慢性腎炎と診断されます。

慢性腎炎の中でも「IgA腎症」と呼ばれる腎炎が日本人の慢性腎炎患者の約30~40%を占めています。

IgAは粘膜免疫の重要な免疫グロブミンのひとつで、粘膜上でウイルスや細菌の侵入を防いでいます。

このIgA抗体と抗原からなる免疫複合体が腎臓の血液を濾過している糸球体に沈着し、それを白血球が攻撃して腎臓に炎症を起こすと考えられています。

IgA腎症の約30~40%は末期腎不全にまで至る疾患であることがわかっています。

IgA腎症は根本的な治療法が確立されていませんが、最近では扁桃腺摘出とステロイド療法を併用する療法が成果を上げています。

慢性腎炎を放置すると腎臓の糸球体の損傷が続き、ついには腎臓の機能がほとんどなくなり、腎不全の状態まで進行し、尿毒症になります。

尿毒症まで進行してしますと、生命にもかかわり、人工透析による治療が必要になります。人工透析は一度はじめると定期的に一生涯続けなければなりません。

適切なドナーが見つかれば腎移植の手術も可能です。腎移植が成功すれば人工透析の必要もなくなり、普通の日常生活が送れるようになります。

関連記事