生活習慣病雑記


必須脂肪酸のオメガ3とオメガ6



脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がありますが、飽和脂肪酸は主に動物性の脂肪に多く含まれ、過剰に摂取すると血中のコレステロール濃度を上げ、動脈硬化の原因にもなります。

不飽和脂肪酸は分子構造の違いからオメガ3系脂肪酸、オメガ6系脂肪酸、オメガ9系脂肪酸に分けられます。

オメガ9系脂肪酸は人の身体の中で合成できるので必須脂肪酸には含まれません。オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸は人の身体では合成できないので食物などから摂る必要のある必須脂肪酸です。

オメガ6系脂肪酸に分類される代表的な脂肪酸にリノール酸があります。リノール酸は生きていくのに欠かせない脂肪酸です。欠乏すれば髪がパサつく、抜け毛が増える、傷の治りが悪くなったりします。

オメガ6系脂肪酸は血液中の中性脂肪やコレステロールを一時的に低下させる働きがありますが、過剰摂取はアレルギーの悪化や大腸がんのリスクを高めます。

リノール酸の必須量は全カロリーの2%が望ましいとされ、平均的な日本人の食生活では必須量の6倍以上を摂取していると言われているので、むしろ摂取量を減らすことが課題となります。

オメガ3系脂肪酸はおもにα-リノレン酸、エイコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸の3種類あります。

エイコサペンタエン酸はEPA,ドコサヘキサエン酸はDHAと呼ばれ、よく知られていると思います。

オメガ3系脂肪酸は細胞が正しく機能するためには欠かせない脂肪酸で、健康面でも美容面でも優れた働きをします。

α-リノレン酸は心筋梗塞や糖尿病の発症リスクを低下させ、DHAは血液中の中性脂肪を減少させたり、アルツハイマー型の認知症やうつ病などの疾病に対して有効だとされています。

生活習慣病の予防にいいだけでなく、肌荒れや便通の改善効果もあります。またオメガ3系脂肪酸の欠乏は学習能力や視力の低下をきたすことがあります。

オメガ6系脂肪酸は普通の食生活では過剰摂取になりがちですが、オメガ3系脂肪酸は不足しがちになります。

オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸の理想的な摂取比率は1対1と言われています。厚生労働省の摂取目標の比率では1対1から1対4が望ましいとされています。現在の日本人の食生活ではこれが1対10で、人によってはもっとオメガ6系脂肪酸の摂取比率が高くなっている場合があるようです。魚をほとんど食べないアメリカ人では1対16とも言われています。

関連記事