生活習慣病雑記


飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸



飽和脂肪酸は人の身体を作る脂質の材料であり、エネルギー源としても大切な脂肪酸です。肉類や乳製品の脂肪に多く含まれ、常温では固体で存在するために体内でも固まりやすく、いわゆる血液をドロドロにします。

中性脂肪や悪玉コレステロールであるLDLコレステロールを増加させるため、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病を招く原因になります。

飽和脂肪酸の摂りすぎはエネルギーの過剰による肥満や生活習慣病につながりますが、不足すると血管がもろくなって脳出血などの危険もあるので飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸をバランスよく摂る必要があります。

不飽和脂肪酸も身体を作るために必要な脂質で、エネルギー源になります。主に魚類や植物油に多く含まれ常温では液状で存在します。血液中では中性脂肪やコレステロールの量の調整を助けるなどの働きがあります。

不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられます。一価不飽和脂肪酸の代表はオリーブ油に多く含まれるオレイン酸があります。オレイン酸などの一価不飽和脂肪酸を飽和脂肪酸の代わりに摂れば動脈硬化の原因ともなる悪玉であるLDLコレステロールを減らす効果があります。

多価不飽和脂肪酸はさらにLDLコレステロールを減らす作用が強く、その中でも魚に多く含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)は中性脂肪を減らし、善玉のHDLコレステロールを増やす作用があり、血栓ができるのを防いだり、動脈硬化の予防にもなります。

関連記事