血液検査・検査項目の見方と基準値


HGM

血液像(白血球分画)



血液像は

免疫機能で重要な役割を果たしている白血球を5種類に分類し、その割合を調べる事によって、体内にどんな異常が起こっているかの判断の助けをすることができる検査です。

白血球は好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球の5種類に分けることができます。これを白血球分画といい、それぞれに異なる形態や性質があります。

病気の種類によりそれぞれの分画の増減が異なるので、血液像の検査で白血球の分画ごとの増減数を調べれば、病気の診断の手がかりとなります。

好中球は感染や異物に真っ先に反応して、病原菌や異物を取り込んで分解します。

リンパ球は免疫反応を担う細胞で、病原菌に対して抗体を作ったり、それらの外敵を記憶する働きがあります。

単球はマクロファージとも言われ、死んだり損傷した細胞や外敵を食べます。通常はあまり現れません。

好酸球は寄生虫を殺傷する働きの他に、アレルギー性疾患に関わっています。

好塩基球はヒスタミンやヘパリンなどの物質を含み、血管拡張やアレルギー反応などに関わっています。

血液像の検査をする場合、好中球はさらに桿状球核と分葉球核に分けて測定します。

基準値

好中球(桿状核球) 3~10%

好中球(分葉核球) 40~70%

リンパ球      20~45%

単球        3~7%

好酸球       0~5%

好塩基球      0~2%

血液検査の基準値は実施する施設や検査方法などによって異なります。

一回だけの検査数値でなく過去の検査数値との比較が大切です。

疑われる病気

好中球
高値  細菌感染、多血症、白血病、心筋梗塞、肺梗塞、やけど、腎不全、ストレスなど
低値  重症感染症、ウイルス感染症、再生不良性貧血、巨赤芽球性貧血、肝硬変、バンチ症候群など

リンパ球
高値  ウイルス感染、百日咳、白血病、甲状腺機能亢進症など
低値  再生不良性貧血、悪性リンパ腫、HIV、全身性エリテマトーデス、結核など

単球
高値  結核、梅毒、単球性白血病、多血症、悪性リンパ腫、全身性エリテマトーデスなど

好酸球
高値  寄生虫感染、しょうこう熱、結核、じん麻疹、気管支喘息、薬剤アレルギー、白血病、悪性リンパ腫、皮膚筋炎、ベーチェット病、甲状腺機能亢進症など

好塩基球
高値  白血病、多血症、粘液水腫、結核、甲状腺機能低下症など


リンパ球はさらにBリンパ球、Tリンパ球、ナチュラルキラー細胞の3種類に分けられます。

Bリンパ球は抗体を作り、Tリンパ球とナチュラルキラー細胞は腫瘍細胞やウイルス感染細胞などを破壊します。


 検査項目

腎機能

尿酸代謝

電解質

血清鉄

筋肉関連酵素

炎症反応

血球算定検査