血液検査・検査項目の見方と基準値


HDL-CHO

HDL-コレステロール



HDLコレステロールは

「善玉」、LDLコレステロールを「悪玉」と呼びますが、どちらも人の身体には必要不可欠なコレステロールです。

コレステロールは細胞膜や副腎皮質ホルモン、性ホルモン、胆汁酸の生成に携わっており、肝臓で産生されたコレステロールはリポタンパクに包まれて血液によって体中に運ばれます。

コレステロールを包むリポタンパクの違いによってHDLとLDLの2種類のコレステロールに分けられます。

LDLコレステロールは肝臓で産生されたコレステロールを体の必要な部所に運ぶ働きをします。
LDLコレステロールは血液中に多すぎる状態が続くと動脈内にたまり、さらには動脈硬化をもたらし心筋梗塞や脳卒中の危険性を高めます。そのため、悪玉コレステロールと呼ばれます。

HDLコレステロールは血液中に多くなりすぎたコレステロールを回収して肝臓に戻す働きをします。そのため血管にとって良い作用をし、動脈硬化を防ぐので善玉コレステロールと呼ばれます。

LDLコレステロールは人体に害を与えるようなイメージを持たれがちですが、健康で基準値であれば血管壁を強くする働きをしています。

HDLコレステロールも以前は高ければ高いほど良いように言われていましたが、最近では高くなりすぎても悪影響があることが明らかになりました。

基準値

男性…30~80mg/dl

女性…40~90mg/dl

(LDLコレステロールの基準値 60~139mg/dl)

血液検査の基準値は実施する施設や検査方法などによって異なります。

一回だけの検査数値でなく過去の検査数値との比較が大切です。

疑われる病気

高値  薬剤の影響、CETP欠損症など

低値  動脈硬化、糖尿病、肝硬変、腎透析、LCAT欠損症など


コレステロール値の改善

HDLコレステロールが低値でも総コレステロールも低値ならば問題はなく、両方のコレステロールが高値の場合は運動や食事で改善する必要があります。
HDLコレステロールとLDLコレステロールのバランスが重要で、HDLが高めでLDLが低めならば問題はありませんが、逆の場合は注意が必要です。

HDLコレステロールを増やす食品はありませんが、中性脂肪が増えるとHDLコレステロールが減り、中性脂肪が減るとHDLコレステロールが増える現象があります。
血液中のLDLコレステロールと中性脂肪を減らせば、相対的にHDLコレステロールが増えます。

肥満を防ぐ食生活が中性脂肪の増加を抑制します。規則正しく食べる、よくかむ、腹八分目、食物繊維の多い食事などを心がけます。

有酸素運動は中性脂肪を消費してHDLコレステロールを増やす効果があります。
逆に喫煙は体内に活性酸素を発生させるので、LDLコレステロールの酸化を進め、動脈硬化を悪化させる上に、HDLコレステロールを減らします。


 検査項目

腎機能

尿酸代謝

電解質

血清鉄

筋肉関連酵素

炎症反応

血球算定検査