血液検査・検査項目の見方と基準値


γ-GTP ガンマグルタミルトランスペプチターゼ



γ-GTPとは

γ-GTPは解毒作用に関係している酵素です。体内で生じた有害物質や摂取した薬剤などを肝臓で無害にして体外に排出するのにグルタチオンという物質が重要な役割をはたします。γ-GTPはこのグルタチオンの生成に関係する酵素です。

γ-GTPは逸脱酵素といわれ、アルコールや薬剤などが肝細胞を破壊したり、結石やがんなどによって胆管がつまると血液中に流失します。肝臓や胆管の細胞が壊れたことの指標として診断に利用されます。

γ-GTPが高くなる疾患には、肝硬変、脂肪肝、肝臓がんなどの肝臓疾患、あるいは胆石、胆道がんなどの胆道障害が疑われます。

また、γ-GTPはアルコールに短期的に反応するため、アルコール性肝障害の指標酵素のひとつです。γ-GTPの値が100位下であれば節酒や禁酒ですぐに正常値に戻ります。

記事

基準値

  • 男性 10~50 IU/L
  • 女性 9~32 IU/L

γ-GTPの検査値が低くても特に異常ではありませんが、100を越えたら必ず医師の診察を受けてください。


血液検査の基準値は実施する施設や検査方法などによって異なります。

一回だけの検査数値でなく過去の検査数値との比較が大切です。

疑われる病気

100~200
脂肪肝が進行していると見られる。
アルコール性肝障害、薬物性肝障害、慢性活動性肝炎、肝硬変、肝がん、脂肪肝、胆道疾患など

200~500 
肝臓障害だけでなく胆道障害の可能性がある。
アルコール性肝障害、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯、慢性活動性肝炎など

500~  
きわめて危険な状態。
急性アルコール性肝炎、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯など


γ-GTPの検査値と、AST、ALT、LDH、ALP、LAPなどの検査値をあわせて総合的な観点から診断します。
これらの検査で異常がみられず、γ-GTPのみ高い値を示す場合は、その多くの原因はアルコールの摂取によるものだといわれています。

γ-GTPの検査値が高い場合は脂肪肝が疑われます。太りすぎや脂肪が問題になるので、アルコールの摂取をやめる以外にカロリーのコントロールも必要になります。
コレステロールが高い場合はそのための治療も行われます。γ-GTPの上昇は生活習慣病の注意信号でもあります。


 検査項目

腎機能

尿酸代謝

電解質

血清鉄

筋肉関連酵素

炎症反応

血球算定検査