血液検査・検査項目の見方と基準値


グリコアルブミン



グリコアルブミンは

血清中のたんぱく質の主要成分であるアルブミンがブドウ糖と結合したものです。血液中のブドウ糖の濃度、接触時間の長さに比例してグリコアルブミンは増加します。

通常の血糖値の検査ではその時点での血糖の状態しか知ることが出来ませんが、グリコアルブミンとヘモグロビンA1c(HbA1c)を検査することによって過去の血糖値の変化を知ることが出来ます。

記事アルブミンの半減期は20日前後、ヘモグロビンの約120日という寿命より短いために、グリコアルブミンはHbA1cよりも近い過去の血糖値の状態を調べられます。

HbA1cが過去1、2ヶ月の血糖状態を知ることができるのに対して、グリコアルブミンは過去1、2週間の状況を知ることができます。糖尿病患者においては血糖のコントロールの状態を知ることが出来ます。

グリコアルブミンの検査値はアルブミンとの比率で表されます。

基準値

12.4~16.3%

血液検査の基準値は実施する施設や検査方法などによって異なります。

一回だけの検査数値でなく過去の検査数値との比較が大切です。

疑われる病気

高値 糖尿病、甲状腺機能低下症など

低値 ネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進症、肝硬変など


糖尿病の進行を防ぎ合併症の予防には血糖コントロールの状態を正確に把握しなければなりません。糖尿病の人でグリコアルブミンやHbA1cの検査で異常値が出た場合は血糖コントロールがうまくできていないということなので、食事療法、運動療法などの治療に努力しなければなりません。


 検査項目

 腎機能

尿酸代謝

電解質

血清鉄

筋肉関連酵素

炎症反応

血球算定検査