血液検査・検査項目の見方と基準値


CRE クレアチニン



クレアチニンとは

筋肉中にはクレアチンリン酸と呼ばれる窒素酸化物が含まれています。クレアチリン酸が酵素によってクレアチンに分解されるときに放出されるエネルギーで筋肉は動きます。
クレアチンはクレアチニン(CRE)に変えられ血液を介して腎臓でろ過され尿中に排泄されます。
クレアチニンは尿酸や尿素窒素と同様に老廃物のひとつです。

腎機能に障害があったり、能力が低下するとろ過しきれなかったクレアチニンが血液中に残ります。このため血中のクレアチニン濃度は腎機能の指標として利用されます。

クレアチニンと尿素窒素は腎機能のスクーリング(ふるいわけ)検査として用いられます。
腎疾患の初期ではクレアチニンも尿素窒素もわずかな上昇しかないので、基準値を越えるようになると腎機能は50%以下に低下していると考えられます。

この時期ならば、蛋白質の摂取を制限することでクレアチニンの上昇は抑えられます。しかし、腎機能が正常時の20~30%以下になると、食事制限や生活指導を行ってもクレアチニンの上昇は抑えられません。腎機能が正常時の5~10%以下になると尿毒症の症状を呈して人工透析も考えなければなりません。

クレアチニン値は筋肉の量に比例するので、男女差があり、小児や高齢者は成人に比べて低値になります。
また、クレアチニンは、筋ジストロフィー症などの筋肉の減る病気があるときも低値になります。

基準値

男性 0.5~1.1mg/dl

女性 0.4~0.8mg/dl

血液検査の基準値は実施する施設や検査方法などによって異なります。

一回だけの検査数値でなく過去の検査数値との比較が大切です。

疑われる病気

クレアチニン値が高い場合
急性・慢性腎炎、腎盂腎炎、腎不全、腎臓結石、尿毒症、肝硬変、心不全、前立腺肥大症、先端巨大症など

クレアチニン値が低い場合
長期臥床、糖尿病の初期、妊娠など、まれに筋ジストロフィー、多発性筋炎、筋萎縮性側索硬化症、尿崩症など


 検査項目

腎機能

尿酸代謝

電解質

血清鉄

筋肉関連酵素

炎症反応

血球算定検査