血液検査・検査項目の見方と基準値


Cl クロール



クロールは

人の体の約60%を占める水分の中に電解質として存在しています。

電解質は水に溶けても電気を通さない非電解質のブドウ糖や尿素などと異なり、水に溶けて電気を通すナトリウム、クロール、カリウム、カルシウムなどのミネラルイオンのことです。

クロール(Cl)は主に食塩(NaCl)から体内に取り入れられ、細胞外壁中にナトリウム(Na)の陽イオンを中和する陰イオンとして存在しています。
クロールは他の電解質と相互に関係して水分の平衡、浸透圧の調整などに重要な働きをしています。

クロールとナトリウムの血液中の比率は100:140で、通常であればこの比率を保って濃度が変化します。

クロール、ナトリウムなどの電解質の濃度の調整を腎臓がつかさどっています。ホルモンの働きによって腎臓では排泄、再吸収が制御され電解質の濃度は厳密に調整されています。これらのバランスが崩れると、酸塩基平衡の異常であり、共に変化する時は水分の代謝異常が疑われます。

クロール値は一日の内での変化や運動などの影響はほとんどありませんが、食後は胃酸として分泌されるので若干の低下があります。

基準値

95~108mEq/l

血液検査の基準値は実施する施設や検査方法などによって異なります。

一回だけの検査数値でなく過去の検査数値との比較が大切です。

疑われる病気

高値 脱水症、食塩の過剰摂取、腎不全ネフローゼ症候群、クッシング症候群、高ナトリウム血症など

低値 激しい下痢、嘔吐、食塩の摂取不足、肺気腫、慢性気管支炎、アジソン病、尿崩症など


 検査項目

腎機能

尿酸代謝

電解質

血清鉄

筋肉関連酵素

炎症反応

血球算定検査