血液検査・検査項目の見方と基準値


ChE コリンエステラーゼ



コリンエステラーゼは

アセチルコリンエステラーゼ(AChE)とブチルコリンエステラーゼ(BuChE)の2種類があります。検診や臨床検査でコリンエステラーゼ(ChE)と呼ぶのは、後者のブチルコリンエステラーゼのことです。

アセチルコリンエステラーゼは赤血球、筋肉、神経組織などに存在し、運動神経、副交感神経、交感神経の神経伝達物質であるアセチルコリンを酢酸とコリンに分解する働きがあります。

ブチルコリンエステラーゼは血清、肝臓、すい臓などに存在し、神経伝達物質アセチルコリンを含むコリンエステル類を分解します。

ChEは肝臓で合成される酵素で血液を循環するので、肝臓の能力の指標になります。ChEの活性の低下は肝臓の合成能力が低下していることを反映しているので、肝機能障害が疑われます。

ChEの数値が大きい場合は、肝臓で作られたChEを排泄する腎機能に障害が起こっていることが疑われます。

ChEの正常な基準値は、個人差がきわめて大きいのが特徴ですが、同一個人では安定しているので、他人の数値と比較して考えるよりも、過去の測定データなどを参考に判断します。

基準値

p-ヒドロキシベンゾイルコリン法 186-490IU/L

血液検査の基準値は実施する施設や検査方法などによって異なります。

一回だけの検査数値でなく過去の検査数値との比較が大切です。

疑われる病気

高値の場合
ネフローゼ症候群脂肪肝、急性肝炎回復期、肝細胞癌、甲状腺機能亢進症、糖尿病、肥満、高リポ蛋白血症、喘息、遺伝性高コリンエステラーゼなど

低値の場合
慢性肝炎、劇症肝炎、肝硬変、肝膿瘍、肝癌、すい癌、有機リン系中毒、白血病、血清コリンエステラーゼ異常症、妊娠中毒症、消耗性疾患、栄養失調など


農薬や殺虫剤に含まれる有機リンはChEを著しく低下させます。

まれな例ですが、身体に異常がなく、ChEの検査値が低値または高値を示す人がいます。

低値を示す人はChEの遺伝子の一部が変異していてほとんど活性のないChEが産生されているためです。普段の生活に支障はありませんが、麻酔薬を分解できずに呼吸困難を起こす危険があります。

高値を示す人はChEの変異による本態性家族性高ChE血症で、一部の麻酔薬に抵抗性を示し効きにくことがあります。

いずれも、症状がなく治療も必要ないので、日常生活に問題はありませんが、手術の術前では重要な検査です。


 検査項目

腎機能

尿酸代謝

電解質

血清鉄

筋肉関連酵素

炎症反応

血球算定検査