血液検査・検査項目の見方と基準値


Ca カルシウム



カルシウムは

体内に含まれているミネラルの中でももっとも多く、体重の2.0%を占めています。カルシウムの99%は骨や歯などの組織に貯蔵されています。残りの1%が血液、神経などに存在し、精神安定剤や、筋肉の収縮を保つ働きがあります。
また、カルシウムには心臓の鼓動を規則的に保つ働き、血液を凝固させる効果、白血球の食菌作用のサポートをするなど、重要な役割を果たしているミネラルです。

血液中のカルシウムが不足すると、骨から貯蔵されているカルシウムが取り出され、不足状態が長く続くと骨量が徐々に減少して骨軟化症や骨粗鬆症の原因になります。骨の全重量の2/3はミネラルで、カルシウムだけでなくマグネシウム、リン、ナトリウム、亜鉛も含まれ、どれかひとつ不足しても十分な骨形成はできません。

また、カルシウム不足は血行や血液の状態を悪くし、足がつったり、手足がしびれるなどの症状を引き起こしたり、高血圧、不整脈、動脈硬化を引き起こす可能性もあります。

血液中のカルシウムは半分がたんぱく質と結合し、残りがカルシウムイオンとして存在しています。カルシウムイオンは神経伝達に関与しており、興奮や緊張などの刺激に対して神経の感受性を緩和して、ストレスを和らげます。

筋肉の収縮にはカルシウムとマグネシウムとのバランスが関与しており、マグネシウムが不足して、カルシウムが過剰になると筋肉の収縮に影響します。血液中のカルシウムイオンは血液凝固の因子に間接的に働きかけ血液凝固反応を起こします。

基準値

9~11mEq/l

血液検査の基準値は実施する施設や検査方法などによって異なります。

一回だけの検査数値でなく過去の検査数値との比較が大切です。

疑われる病気

高値 多発性骨髄腫、悪性腫瘍、副甲状腺機能亢進症など

低値 腎不全、ビタミンD欠乏症、副甲状腺機能低下症など


カルシウムの摂取量の目標は成人で一日に600mgですが、不足しがちな栄養素です。乳製品、魚介類、野菜、大豆製品に多く含まれ、良質なたんぱく質と一緒に摂ると吸収率を高めるので効果的です。

女性の場合は出産時、更年期にカルシウム不足になりがちなので、多めに摂るようにしましょう。特に更年期以降は骨粗鬆症の予防にもカルシウムの摂取は、意識して摂ることが大切です。


 検査項目

腎機能

尿酸代謝

電解質

血清鉄

筋肉関連酵素

炎症反応

血球算定検査