血液検査・検査項目の見方と基準値


ALB アルブミン



アルブミンとは

アルブミンは一群の蛋白質の総称で、血液検査では血液中の血清アルブミンのことをいいます。

血清中には多くの蛋白質が存在しますが、アルブミンは血液中の蛋白質の約60%を占めています。

血液の浸透圧の調整の役目を担い、血管中の血液の量や体内の水分の量を調整する重要な働きをしています。

また、アルブミンはアミノ酸、脂肪酸やホルモン、薬物などの色々な物質と結合して、体内の必要な部位に運搬する働きもしています。毒素などとも結合しやすく、アルブミンと結合することによって、その毒素の血液中の濃度を低下させ中和する作用があります。

アルブミンは肝臓で合成されるため、血液検査では肝機能の指標として利用されます。

アルブミン濃度が低下している場合は、浸透圧の調整機能がうまく働かなくなるので、むくみや浮腫といった症状が出て、肝疾患やネフローゼまたは栄養失調などがが疑われます。

基準値

3.2~4.6g/dl


血液検査の基準値は実施する施設や検査方法などによって異なります。

一回だけの検査数値でなく過去の検査数値との比較が大切です。

疑われる病気

高値  脱水症

低値  急性肝炎、肝硬変ネフローゼ症候群、栄養摂取不足など


A/G比(アルブミン/グロブリン比)

血液中にある100種類以上の蛋白質は主にアルブミンとグロブリンの2種類に分けられますが、この2種類の蛋白質の比、A/G比(アルブミン/グロブリン比)も重要な肝機能の臨床検査項目です。


A/G比の基準範囲  1.2~2.0


 検査項目

腎機能

尿酸代謝

電解質

血清鉄

筋肉関連酵素

炎症反応

血球算定検査