血液検査・検査項目の見方と基準値


血液検査の意義



血液検査って?

血液検査とは、血液を採取し、その血液を利用して病状などを調べる臨床検査のひとつです。

血液は身体のすみずみまで巡っているので、血液検査で血液中に含まれている成分を分析すれば、全身の組織や臓器の状態がわかり、病気の診断や治療の判定などに利用できます。

臓器が障害を受けて細胞が破壊されたとき、血液中や尿中に、その臓器特有の物質が流失します。 血液検査でその物質を分析し、健常時の値と比較すれば、栄養状態をはじめ肝臓病、腎臓病、糖尿病、高血圧、心臓病、高尿酸血症などの診断や治療効果の確認などに用いられます。

血液検査の項目は多数あり、ひとつの検査値にとらわれず、各検査項目の特性を理解し、各種検査の値を総合的に判断します。

生活習慣病などの中には自覚症状が現れないで病気が進行しているということもあるので、定期的に健診を受けたり、血液検査などでで自分の健康をチェックする必要があります。


生化学検査

血液は身体中を巡り、酸素や栄養分を運び、老廃物を受け取っているため、とても多くの物質を含んでいるので、血液検査でこれらの成分を分析すると全身の健康状態を知ることができます。

血液を遠心分離機にかけると有形成分と無形成分とに分けられ、無形成分を血清と呼びます。 血液検査の中でも生化学検査はこの血清を分析することで健康状態や病気の程度などを調べます。

おもに内蔵系の肝臓や腎臓、すい臓などの異常を調べることができます。


血液一般検査

血液は有形成分の血球と無形成分の血清からなりたっています。血球は赤血球、白血球、血小板に分けられます。

これらの血球成分の量的な変化や機能を調べる血液検査により、健康状態や病気の診断などに役立てることができます。


腫瘍マーカー

がんには種類によって特徴的な物質を産生するものがあり、そのような物質が血液中などで増加した時にがんの存在を疑います。

これらのがんの存在を示す目印となる物質を腫瘍マーカーと呼び、血液検査で調べる事が出来ます。

腫瘍マーカーには体内のどの部分にできたがんなのかを特定する「臓器特異性」が高いマーカーと低いマーカーがあり、PSAなどは前立腺がんなどに対して高い臓器特異性があるので、前立腺がんの早期発見も期待できます。

しかし、他の腫瘍マーカーについては臓器特異性が十分とは言えず、むしろ腫瘍マーカーでのがんの早期発見は難しく、また腫瘍マーカーは健康な人でも値が高くなることもあり、逆にがんがあっても値が低いことがあるので、腫瘍マーカーだけでがんの診断はできません。

そのため血液検査では、いくつかのマーカーを組み合わせたり、超音波検査やX線CT、血管造影などの画像診断、生検などを総合して診断します。

腫瘍マーカーはがんの早期発見よりも進行の程度、治療効果の検証や治療後のがんの転移の早期発見などに利用されています。


 検査項目

腎機能

尿酸代謝

電解質

血清鉄

筋肉関連酵素

炎症反応

血球算定検査